Interview 社員紹介

中途 開発
企画開発部 開発チーム
泉 雅也
2018年入社

幅広い業界の商品や人々と関われる環境に魅力を感じました。

私が東具に入社を決めた理由は、ものづくりのスタートである開発・設計に携わることができること。また、幅広い業界の商品や人々と関われる環境があることでした。東具の開発チームは、ディスプレイやポップに使われるパーツの商品開発はもちろん、クライアントのニーズに沿った課題解決型の商品開発や新商品の開発など、セールスプロモーションの枠を超え、新たな分野にも積極的にチャレンジしています。ものづくりに携わることはもちろん、自分の手掛けた商品でクラインアントの課題を解決していく。そんな仕事の面白さに大きな魅力を感じました。

私は現在、開発チームに所属し、新たなパーツの企画開発やBtoC向け商品の開発などを任されています。皆さんもそうだと思いますが、クライアントは価格や強度、機能性などを総合的に判断して商品の購入を検討します。納得のいく商品をつくってもコストが高すぎたり、強度に問題があったりすれば、購入には至りません。商品のクオリティを上げることはもちろん、購入していただける範囲の価格帯に抑えることも常に念頭に置いて開発に取り組んでいます。このような課題を一つずつクリアして、ようやくカタチになる商品。産みの苦しみがあるからこそ、使っていただいている光景を目にした時は大きな喜びを感じますよ。

当社のモノづくりは、基本的に自由。トコトン考えたい方には、ピッタリの環境があります。

当社のモノづくりは、基本的に自由。素材も紙にはじまり、アクリル、プラスチック、LED…時には、鉄も使いますし、触ると音が出るポップも発売しています。素材・表現方法・ツールと選択肢がたくさんあるのは、開発者として非常に恵まれていると感じます。また、選択肢になかったとしても、自分で企画すれば、実現可能です。「商品の魅力を伝えるために、エンドユーザーに手に取っていただくために、どんなポップ、どんなディスプレイにしよう。加工はどうしよう…」など、トコトン考えたい方には、ピッタリの環境があると思います。現在、当社はネットワーク配信型のサイネージ広告など、デジタルツールを駆使したセールプロモーションにも取り組んでいます。私も新しい知識を積極的に取り入れて知見を広め、従来はなかった商品やサービスを生み出していきたいです。