Interview 社員紹介

中途 設計
西日本設計チーム
生駒 潤
2007年入社

設計者としてスキルアップできる
環境があると感じました。

私が東具に入社を決めた理由は、設計者としてスキルアップできる環境があると感じたことでした。東具はセールスプロモーション全般を手掛けていることはもちろん、営業・デザイン・設計と様々な部署があり、自社内で一貫したものづくりに取り組むことができます。メンバーと切磋琢磨しながら幅広いプロジェクトに取り組んでいく。そんな環境に魅力を感じました。

現在は設計職として、クライアントのニーズや課題に応えるディスプレイやツールの設計を担当しています。東具に寄せられる依頼の多くは、「発売を控えている新商品をPRするツール」。クライアントからの要望や商品の仕様・サイズはもちろん、店頭に並べるのであれば、その設置場所や面積、ターゲット層など案件ごとに様々な条件がついてきます。これらの条件を考慮し、商品の見せ方や並べ方、そして、商品の魅力を最大限に伝える表現を考えていくのが、私たち設計職の仕事です。クライアントやプロジェクトのメンバーとともにアイデアを出し合い、商品にピッタリのツールができた時はとても大きな達成感を感じることができますよ。

クライアントが求めているのは、
結果。だからこそ、我々がいると
考えています。

私たちの使命はツールを通じてクライアントの売上を伸ばすこと。もちろん、クオリティの高いツールが完成したり、コンペで勝ったり、「次もお願いします。」と指名で発注をいただいた時は嬉しく思います。しかし、クライアントが当社に求めているのは結果。新商品をヒットさせたいから私たちに依頼すると考えています。クライアントが当社を選ぶ意味をしっかりと理解し、「売上UP」という目標から目を背けないこと。そして良い結果も悪い結果もしっかりと受け止め、次に活かしていく心構えが必要であると考えています。仕事は楽しいことばかりではありません。むしろ、苦労することのほうが多いです。その苦労から逃げずに立ち向かう方と一緒に働きたいと考えています。前向きな姿勢があれば必ず克服できますし、困難も一緒に乗り越えられます。私もしっかりサポートしていきますよ。