東具のモノづくり

[企画力は、現場で磨く]コクヨ株式会社 様 / 強力瞬間接着剤 RED TECH

[企画力は、現場で磨く。]コクヨ株式会社 様

世界初、色つき瞬間接着剤の店頭プロモーション。

これまでの瞬間接着剤は透明で、気づかないうちに塗りすぎたり、はみ出たり、指についてしまうなど、使いづらい面がありました。

そんなお客様の声に応えて開発されたのが、新開発の色つき瞬間接着剤「RED TECH(レッドテック)」。接着剤に赤く色がついているので、必要なところに必要な量だけ適確に塗ることができ、時間がたつと透明になる画期的な商品です。

コクヨ様にとっては、瞬間接着剤のブランド展開は初めてのこと。その店頭プロモーションのコンペティションに、東具も参加させていただきました。

瞬間接着剤の市場には、圧倒的なシェアを誇る先行メーカーがあります。 東具ではまず、実際の売り場を観察し、現状の分析を試みました。

店頭プロモーション

売り場から見えてきた、企画のポイント。

訪れた売り場には、数十種類はあろうかという瞬間接着剤が陳列されていました。中でも、トップシェアを占めるブランドは、陳列数が圧倒的に多く、売り場でも目立っていました。しかし、その種類が多すぎ、一見しただけでは自分に最適な瞬間接着剤がどれなのか、わかりづらく感じられました。全体的に見ても類似商品が多く、「強力」「多用途」「○○用」など、商品訴求の仕方もほとんどの商品が共通していました。

数十種類もの類似商品が並ぶ中で、違いを見極め、自分に最適な商品を選ぶことは、お客様にとって困難な作業ではないでしょうか。ブランドやパッケージのイメージで何となく購入しているケースが多いのではないかと推察できます。

そこで、レッドテックの店頭プロモーションにあたっては、色つきの接着剤という最大の特長を全面的にアピールし、「他商品との違いを明確に訴求」すること。液状とゼリー状の使い分けを明確にし、「商品を選びやすくする」ことを、企画のポイントとしました。

また、初回展開のメインターゲットは、40代から50代の女性。使いにくさを感じながらも、従来の瞬間接着剤を使っている方たちです。女性は、性能やスペックで商品を選ぶのではなく、イメージできるモノやコトを購入する傾向があり、「使用シーンをイメージさせる」訴求をめざしました。しかし、キャッチコピーや訴求内容は女性向けにしながらも、瞬間接着剤という商品に必須の「強力な接着」というイメージを損なわないよう、デザインや形状に注意しました。

店頭プロモーション

実際の利用シーンや、先の展開まで、見据えた提案。

売り場の観察から出発する東具のものづくりは、売り場での使い勝手まで考えた、プラスαの提案を可能にしています。たとえば、売り場の状況に合わせて吊り下げ用としてもカウンター置き用としてもご利用いただける「2WAY什器」。そのトップボードには、両面に異なる訴求内容が入っており、商品特長の訴求と使用シーンの訴求を使い分けていただくことができます。また、新発売の店頭プロモーションが一段落し、レッドテックが定番化した時期を想定し、フック売り場での展開もあわせてご提案しました。

こうした企画をもとに試作品を作成し、プレゼンテーションを行った結果、複数社の中から東具を選定していただくことができました。

2013年5月に発売されたレッドテック。今後も、販売促進に貢献していければと願っています。

また、東具の企画力やものづくりの力を評価いただき、他の商品のプロモーションをお手伝いさせていただく機会も増えてきています。